睡眠の質を高めるためには真っ暗な環境!?

睡眠の質を高めるためには真っ暗な環境!?

 

睡眠の質を高めるためには、やぱり暗室を作り出すしかな

 

いと実体験からも感じています。まあ、完璧な暗室は無理

 

だとしても、それに近い環境をつくり出すことで、睡眠の

 

質を高めることに成功できると考えられますね。

 

そりゃあ最初は慣れるまでに努力が必要だと言えるでしょ

 

う。子どもの頃から、豆電球もつけずに眠っていた人なら

 

ば、真っ暗な環境にも慣れているでしょうけれど、しかし

 

そうでない場合ですと、やはり最初は慣れないものです。

 

真っ暗闇の中で眠ることがホルモンバランスを整えるため

 

にも良いということはわかっていても、無意識的に暗闇に

 

構えてしまって落ち着いて眠れないというものです。しか

 

しその場合でも方法はあるのです。それは足元を明るくす

 

ることです。

 

まあ「明るい」とは言っても、ぼんやりと常夜灯をつける

 

程度でいいでしょう。目や頭部の周りを明るくしなくて、

 

できるだけ暗くしておけば睡眠の質を高める効果は期待で

 

きるものです。

 

アイマスクを思い浮かべてください。目を暗く覆うことで

 

も、しっかりと眠ることに一定の効果は得られるのですか

 

らね。ですから暗闇が怖いという人ならば、足元をぼんや

 

りと照らすことで、気持ちの上でもリラックスできてすん

 

なりと眠りに入っていけることでしょう。そして、良い眠

 

りにつけるということです。